第23回日本臨床毛髪学会

11月24日、25日に開催された第23回日本臨床毛髪学会で市民公開講座の司会をさせて頂きました。
臨床毛髪学会とは、簡単に言うと薄毛、AGA(男性型脱毛症)の学会です。
頭髪が薄くなるのは男性だけの問題ではなく、女性もボリュームが無くなった、張りが無くなった、ツヤが無くなったなどの悩みを抱えています。
市民公開講座では
ボナディアクリニックの金子章子先生から
「医師が勧める、女性のための髪のセルフケア」
東京メモリアルクリニック平山の佐藤明男先生から
「シロウトでもわかる男性型脱毛症治療」
湘南美容クリニックAGA福岡院の長井正壽先生から
「薄毛の診断と治療のコツ」
という題で御講演頂きました。
市民向けの講座なので、いつもの学会とは違った雰囲気の中での司会で少し緊張しましたが、楽しく有意義な時間を過ごせました。
意外と質問は女性からが多かったです。女性も薄毛で悩んでいるけれども、普段はどこで相談して良いかもわからないのですね。
内科の先生に相談しても相手にしてもらえなかったとのお話しもありました。
男性、女性とも髪で悩んでいる方は多くいらっしゃいますが、対応できる医師も少ないようです。

市民公開講座では、さらにアデランスや、アートネーチャーの専門家からのお話しに加え
スーパーミリオンヘアー、ルアンの名物社長の実演も間近で診ることが出来ましたよ!

学会では注目の毛髪再生医療の講演などを聴くことが出来ました。
毛髪再生医療はあと数年後には臨床で使えそうな状態とのことです。
薄毛はリアップ(ミノキシジル:血管拡張効果のある発毛剤)からはじまり、内服・外用ともにかなり治療が進歩しました。
植毛の技術的進歩に加え、再生医療も加わり、近い将来には薄毛で悩む人にさらなる効果的な治療が期待できます。
これからも、最新の知識・技術を患者さん達に還元できるように勉強します!

会長の東京女子医科大学東医療センター形成外科教授・井砂 司先生と

2018年12月9日Blog

Posted by 中野 貴光